今どんな形式の「本」がありえるだろう

【銀座 蔦屋書店5周年】

2022年04月04日(月) - 05月08日(日)
銀座 蔦屋書店 デザインコーナーにて

銀座 蔦屋書店 と「TRANS BOOKS」のコラボレーション【フェア】開催

ペフがTRANS BOOKS 2019に出展した「大切にすることを大切にするための本」、TRANS BOOKS DOWNLOADsに出展した「今でも大切」と「The Digital Magazine 2019」のデジタル/フィジカルエディションが、GINZA SIX 6F の 銀座 蔦屋書店 で販売されます!

0円 [税込 including tax]

Qty

クリエイティブ・コミュニティスペースとしてペフを再始動する準備をしていた2018年の秋頃、paperCの編集などを手掛けているMUESUM永江さんにペフの計画を話したら、TRANS BOOKSのメンバーである萩原さんを紹介いただいたのがTRANS BOOKSに出展するきっかけでした。

「TRANS BOOKS」は、2017年から年に一度のペースで開催される、電子も非電子もそれ以外も、メディアを問わず、どんな本でも購入できるブックフェア。いまならではの「本」と「読書」の可能性を実験的に考える場です。

TRANS BOOKS×GINZA TSUTAYA BOOKSでは、2017年から2019年のトランスブックスで発表された様々な「」、2020年にオンラインで開催されたTRANS BOOKS DOWNLOADs で販売された様々な「」のデジタル/アナログエディションが販売されます。

ブースでは、出展アーティストの皆さんの「本」についての考えがまとめられた、このポップアップのために制作されたハンドアウトの配布も。

今どんな形式の「本」がありえるだろう


TRANS BOOKS×GINZA TSUTAYA BOOKS POP UP SHOP
ペフ 出展作品

① TRANS BOOKS 2019 出展作品「大切にすることを大切にするための本」、TRANS BOOKS DOWNLOADs 出展作品「今でも大切」を一つにまとめた「大切にすることを大切にするための本」最新版

② 2019年に発行した西天満のペフの全てを詰め込んだ会員限定デジタルマガジン「The Digital Magazine 2019」を、PDF/USB/印刷物の3つの形式で出展

ただいまメンテナンス中のため、一部のコンテンツは閲覧できません。 更新情報は、会員限定ウェブページ または Twitter にてお知らせします。